トップページ

いつか開業を

 目標は税理士として独立開業することです。
なぜ、独立開業を目指したのかというと、雇われるのではなく、自分で仕事を行いたいと思ったからです。
長く勤めていた職場は、年功序列、男尊女卑の考え方がある古い労働環境でした。
仕事は忙しく、休日ボランティア出勤をしないと終わらない仕事でした。
出勤するのは、いつも決まった者。責任感がある者は働き詰め、うまくやり過ごせる者は適当に仕事をする。
休日に出勤する必要はないとは思いますが、結局仕事を終わらせなければならないし、サービス業なので誰かがやり終えないといけない状況。
熱心に仕事しようが、私語ばかりで適当に仕事しようが、それが評価に結び付くことがない職場。皆、たくさんの不満を抱えて仕事をしてました。
仕事を辞めないのは、辞められない経済的環境があるからでした。
長い間勤めた職場でしたが、これ以上勤めても、もう何のメリットもないと感じたころ、私の職場に対する不満はピークになり、転職をしました。
 転職を経験して感じたことは、また、全て一からのスタートということ。
経理職として知識はあるものの、分野が違えば、一から勉強しなければなりませんし、やり方も会社によって違います。
労働環境は、以前よりは、ずっと改善しましたが、将来的にずっと雇用されるかわからない、年齢的にも求人は少なくなる。このままでよいのかと考えるようになりました。

税理士を目指して

 将来に不安を感じていたころ、士業という職業をネットで知りました。
なぜ、士業に興味を持ったのか。それは、士業が物を売る職業ではなく、知識を売る職業だからです。
自分の経験を積めば積むほど、その価値が上がってくるし、仕事に活かされるからです。
評価されない職場、転職活動への不満でもありました。積み重ね努力したものが、仕事として活かされる。そんな職業に、就きたいと考えたのです。
 どんな士業を職業にするか。経理を長く勤めてきたので、会計士か税理士を目指そうと思いました。
自分がやりたいと感じたのは、監査よりも、経理や節税相談を中心に会社の役に立ちたいと思いました。
税理士は、1科目ずつ取得することができますので、税理士事務所に務め実務経験を積みながら資格取得できると考え、税理士を目指す事にしました。